11月18日・19日は会津の菅井さん。炊きます。

11月18日は寒い雨フル冬の土曜日になりそうです。

今週の試食炊きは「会津喜多方の熱塩加納地区。菅井さんのコシヒカリ」を炊きます。

画像は収穫前の菅井さんのほ場。
天候が非常に悪かったので、苦戦していました。
農業は天候任せ。良いときも悪いときも天候次第。
カミアカリも平年をより4割位収量が減ったそうです。
勉強会で味見をさせていただきましたが、非常にうまかったのは、
生産者の技術力の高さからかもしれない。

やっぱり、作る人だわ〜ん〜ッ。

山形県高畠町のつや姫

山形県高畠町の有機栽培の生産者が作る「つや姫」特別栽培。

平成29年の天候は、古老の生産者が「体験したことがない」というほどの
異常ぶり、その中でも安定した食味を出す生産者に感謝です。
今年の米はどの生産者のも粒感が強めで噛みごたえがあります。
つや姫はもともと甘さも強く香りもいい品種なので、高畠の生産者
美味しい。
今年の天候を乗り切った。稲たちにも感謝。
今後、天候がどうなっていくのかは解らないが、
せめて米だけで良いから美味しいのが食べたい。
きっと、答えてくれる生産者を私は選びます。

臨時休業のお知らせ

松下カミアカリ
臨時休業のお知らせです。

11月5日(日)はカミアカリの勉強会のため、
臨時休業させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
カミアカリは全国で4人の生産者が作っています。
それぞれを食べ比べられる機会なので、
チョット楽しみ!
4人4様のカミアカリになっているはず。

10月14日の試食炊き(17-10-14)

10月14日土曜日の試食炊きは朱鷺と暮らす郷のコシヒカリ。
絶滅した朱鷺の復活に貢献している佐渡の米生産者が作る。
美味しいコシヒカリ。

今年はどんな感じで炊けるのか楽しみです。
今年は、粒感が強めで、食べていると「ご飯です!!」と
主張してくるお米が多いような感じがします。
天候の具合が味に反映するのは、農作物の宿命。
それもまた面白。です。