シュロ編みワークショップ

5月12日はシュロ編みのワークショップ。
今は使っていない自然素材でこんなの出来たら良いですね。

作者が違うと全然違う作品が出来上がる。

なんか面白!

なんか幸せ!

あさじろう畑のシュロの木の葉っぱ。
毎月1枚ずつ生えてくると近所のお年寄りが言ってた。

毎年処理に困っているが、今年は使いみちが出来た。

シュロはもともと農作業に使う細い紐を作るために植えられていた。

ナイロン紐に主役を明け渡し最近ではこの界隈でも厄介者扱い。

現在の技術では、化学繊維の紐は生分解されないものが主流。

農家が使うのは本来はシュロのようなゆくゆくは環境に返せるものを

使うのが理想ですね。

マイクロプラスチックの害が取り沙汰され始めています。

これからはプラスチックが使えない時代が来るかもしれない。

環境破壊出来るだけ加担しないようなアイディア。

これもその一つの取り組みかもね。

弦切りのかまを真竹の竿に付けて葉っぱを切り落とす。

この道具を作る前は高枝切りバサミを持ち脚立に登って切っていた。

シュロの木が10本くらいあるので「まいったな〜」という感じでした。

参加者にも試しにやっていただきました。

当日のお弁当。

ご飯は浅治郎のロケットストーブコンロで

羽釜炊き。

美味しかったです。

沢山炊くと何故か失敗なく美味しい。

最近、遠くから歩いていらっしゃるお客様

最近、遠くから歩いて里のあさじろうに来られる方が有ります。

ありがたいことですが、別の意味で泉区の魅力が高いということでもあります。

以前にリタイヤされた有志の方によって編さんされた

「泉区古道マップ」なる冊子が出てきた。

PDF版になって保存されていたのを思い出し

皆さんに使っていただこうかとサイトにアップロードしました。

だんだんなくなりつつある。昔の面影

感じていただきたい。

リサイクルしやすい考案

欅板
棚板

ご近所農家さんからいただいた欅の板。
棚板に使わせていただきます。

 

先代の農家さんが次の世代のために植えた屋敷林の欅。柱や戸板などの材として使うために植えたものです。
時代が変わってちょっと厄介者扱い。で。お声がかかってきました。贅沢な棚板です。
身近にもこうやって使える資産があるんだけど、その資産を生かして使っていくには工夫の必要な時代になってしまいました。
先人が残してくれた資産を価値と見ない価値観が蔓延しています。

木材の材としての価値は、最終的には燃料にして、再度、環境に還元できるということがあります。

なので、自身の工作に化学性の塗料を使わないことにしています。
使えばオイルステーンですかね〜
オイルステーンで色よく仕上げるのは非常に手間がかかります。やっぱりやりっ放しになります。
色目の綺麗さが無いのでチョット薄黒いの、ご勘弁!!

最初は「薪に」とお声がけ頂いたんですが、やっぱり先人の気持ちを考えると、もう少し生かしていきたいと思います。

土日祭は試食炊きしてます。2017-07-23

土日祭は試食炊きしています。

羽釜を仕込んだので、ロケットストーブで薪、羽釜炊きでご試食頂いております。
お楽しみに!
11時くらいには炊き上がる感じで炊飯しています。
是非、ひと味もふた味も違うこだわりの米。味わってください。

最近、羽釜を仕込みました。土日祭はこの羽釜で試食炊き

生産者と電話

福島県の喜多方市、菅井さんに電話する。
横浜泉区。昨日今日は真冬の天気で寒すぎる一日。

「田んぼはようやく畦の雪が消えたくらいです」とのこと。流石福島の北部地区喜多方はまだ冬なんです。雪不足で夏の渇水が心配にな28年でしたが、今年は夏の水不足の心配は無さそうです。

近年、温暖化の影響で福島県の緯度はコシヒカリに最適な気候になりました。
夏の低温が心配だった昭和70年代が懐かしいですね。
天候はこれからますます予想がつかない状況になっていくでしょうが、安心できるのは技術の高い生産者のおかげでしょう。

顔が見える安心感は重要です。