新しい日よけ

新しい日よけ。

店舗のガラス面は南東向き

冬は日差しが入り結構暖かい。

米は種子なのでヒカリに遭うと反応して芽をふこうとする。

なので店内は晴れの日ほど薄暗い。

なんか不気味で入りにくいと言われそうですが、

これもひとえに「美味しいお米」を維持するための工夫。

日よけが日に焼けてしまうので気が向くと書き直す。

お米のファンに違いない。

私もお客様も。

そんなわけで、そのまんまの字です。

因みに当店の契約生産者はファンというよりフリークかオタッキー。

半端ないので、浅治郎は時々ついていけません。

結果的に味も安全性も半端ない米が出来ます。

 

種籾消毒とは

カミアカリの生産者、松下さんから種籾消毒の画像が届いています。

意識の違う生産者はここからやる!

お米の消毒(殺菌作業)里のあさじろうの米生産者は

例外にもれず種籾の殺菌は60度のお湯に10分間漬け込む

温湯消毒という方法で行います。

いもち病のウイルスをなくするために行います。

 

一般栽培の常識は化学合成した殺菌剤に漬け込んでするんですが、

消毒用の設備が必要ないので安価に消毒が出来ます。

そして、殆どの一般栽培の場合、最終処理をされることなく河川に流れこ込ます。

日本全国の河川から海に出るこの農薬!

希釈されていきますが、総量を考えると非常に大きな環境汚染になります。

 

あさじろうの米を作る農家は東京ドーム(約5ヘクタール)の何個分ものたんぼで米を栽培しています。

生産者はそこで使う種籾消毒の農薬の量に考えが及ぶんです。

環境意識の高い生産者。

そんな生産者の米を販売できるのは、なんか「誇らしい」。

私は顔の見える人のお米を食べたい

スーパーやドラックストアで売っているお米の表示。

消費者庁の指針に従って行っています。以下pdfファイル

消費者庁が公表している食品の法定表示の指針の中に

「原料玄米」という項目が有りますが、

この部分に生産者を規定する文言がありません。

普通にスーパーや米穀店でお米を買う場合

「あの人の作ったお米美味しんだよな〜 あの人の作った米買いたい」

この願いは叶わないのです。

 

あさじろうの米はその願い叶います。の米です。

だから、生産者ブランドの米なのです。

とびきり美味しいお米を作る生産者をおつなぎ出来ます。

 

一般の流通のお米とひと味もふた味も違うお米は

生産者の気持ち次第で決まるんです。

 

11月18日・19日は会津の菅井さん。炊きます。

11月18日は寒い雨フル冬の土曜日になりそうです。

今週の試食炊きは「会津喜多方の熱塩加納地区。菅井さんのコシヒカリ」を炊きます。

画像は収穫前の菅井さんのほ場。
天候が非常に悪かったので、苦戦していました。
農業は天候任せ。良いときも悪いときも天候次第。
カミアカリも平年をより4割位収量が減ったそうです。
勉強会で味見をさせていただきましたが、非常にうまかったのは、
生産者の技術力の高さからかもしれない。

やっぱり、作る人だわ〜ん〜ッ。

山形県高畠町のつや姫

山形県高畠町の有機栽培の生産者が作る「つや姫」特別栽培。

平成29年の天候は、古老の生産者が「体験したことがない」というほどの
異常ぶり、その中でも安定した食味を出す生産者に感謝です。
今年の米はどの生産者のも粒感が強めで噛みごたえがあります。
つや姫はもともと甘さも強く香りもいい品種なので、高畠の生産者
美味しい。
今年の天候を乗り切った。稲たちにも感謝。
今後、天候がどうなっていくのかは解らないが、
せめて米だけで良いから美味しいのが食べたい。
きっと、答えてくれる生産者を私は選びます。