風が吹けば桶屋が儲かる、金の使いかた。

朱鷺と暮らす郷のコシヒカリ。
今は結構有名になりました。
環境共生型の稲作の先駆けですね。
特に行政絡みで好事例です。

お米もサステナブルな手法の時代に入っています。
食べる人も、巡り巡って自分自身に帰ってくる。
そんなお金の使いかたをしないといけない時代です。

目の前の価格の安さだけを選んで商品を選択することは、
世の中のお金がごく一部の人のところに集まる手助けを、
しているのかもしれない。

兎にも角にも。
佐渡のコシヒカリは安定して旨い!
と、いう事です。