ロケットストーブその後

一斗缶を使って作ってみた。
ネットを参考にしたのだが、火力があまり大きくならず、
実際に使うとずーっとストーブに張り付いていないといけない。
少し長い薪が焼べられるように改良した。煙突部分を長くし約50cm
かなり強い上昇気流が発生し「コーー」という炎が吸い込まれる音がすつようになる。
一応実用モードに成った感じ。実際お湯の湧く時間を計測すると良いのだけど、そのうち
測ってみることにする。