生産者直送
生産者ブランドの米

お米は作る人によって、味、安全度、信頼感が違うのです。
あさじろうの米は栽培する生産者で選ぶお米。

お米に愛をください。

日本人にとてお米は食事の代名詞「ご飯」です。
それほど日本文化と切り離すことの出来ないものです。

一汁三菜の日本食「毎日のご飯」が無理なく続けられる

食事療法としても最善の方法です。

「お米は誰が作っても味や品質は一緒」と思っている方は多い

昔、お米は国の管理のもとに配給されていた時代が有りました。
日本国の人々が公平に食べられることを前提にしていました。

食管法と呼ばれる法律は平成7年に廃止されるまで、戦時中の配給制度を維持して流通や商慣習に影響を与えてきました。

なので、今でも一般の流通米は「誰でもが同じように食べられる」ことを目的として、平準な「最大公約数的」なお米として売られているのです。

戦後の食糧難を救った法律としては効果を発揮したと言えるかもしれませんが、消費者の選択の自由に答えられなかった一面も有り、潜在的な「美味しいお米を食べたい」欲求を満たしきれなかった一面も有ります。

もともと。農作物の米は、工業製品のようにすべてを均一な品質にすることは、不可能と言えます。
生物の遺伝子は異端を敢えて残すことを進化の戦略としてきたのですから、当然と言えます。

耕作地である田んぼも、産地の違いや立地条件によって水や風の流れ、日照、土壌の質。すべて違うのです。

米は
田んぼの立地によって、
育てる以前からスタートラインが違う

同じ産地、地区でも、美味しいお米をさほど苦労せず作れる田んぼと、技術の高い生産者があらゆる手を尽くしてもそこそこのお米しか収穫できない田んぼが有ります。

稲作に向く高いポテンシャル田んぼを持つ生産者は、自分の田んぼの価値を

フェアに認めてほしいと思っているのです。

昭和、平成と日本に流通しているお米は、

「すべての国民が飢えなく暮らすための主食を生産する」を

目的にしているので、

ポテンシャルの高い田んぼと技術を持つ生産者は一般の流通において

その価値を正当な評価で認められない、ということが起きるのです。

その反対に現代の化学農薬と化学肥料を使った農法は、技術がない生産者でもそれなりの米が作れる、ということでもあるのです。

そして重要なのは、一般的な流通は、そのどちらの米も混在していて

食べる人が食べたい米を、選択する機会が限られている。

ということなのです。

お米は作る人によって決まる。

究極的にはこの言葉に至ります。

どんなに力のある田んぼでも、作る人の技術、情熱がなければ

美味しくて安全安心なお米は出来上がらないのです。

そして、

高い技術レベルと生産条件の揃った生産者は
そんなに沢山いない。

ということなのです。

厳選した全国トップレベルの生産者を里のあさじろうは選ぶのです。

生産者から直接仕入れ、契約栽培をお願いした米を販売しています。

ブレンド無しの生産者が思いを込めて栽培した米を、その米だけで販売します。