関西の米

「おたく、お店の方。関西の米おいてっらっしゃる」
店の外で棚を作っていたら、通りがかりの方から声をかけられる。

即座に答えて差し上げました。
「西の方の米は止めた方がいいですよ。どんな米が来るか分からないから」
福島県産の慣行農法で作る米は風評で売り先がなく、アンダーグランドに流れる可能性が非常に高い。
一般流通の米は基本的に「混ぜるために流通されている」ので出所がきっちりしたものを手に入れることは、非常に難しい。
福島県で今年は風評で買い叩かれる米生産者が多く出るだろうと思っている。

ということは「中部以西の米に混ざるかもしれない」ということ。
生産者から直接に買う以外は、いくら放射能が降った土壌で作った米であっても、一般流通で西の方から流れてくる米を買うよりも、関東以北の当店の米の方が安全度が高いということになる。

声を掛たその方は当店の扱い産地を聞くや否や、さっさと行ってしまいました。
あ〜よかった。あんな「わらんちん」に売ってやらないもん。
関東以北の生産者が丹精込めて栽培した米ですもの、判る方に食べていただきたい。

これから世の中には「本当に良い物」が出なくなるように思う。
おまけに「本当に良い物」を判断できる人も、だんだん少なくなるように思う。

それに付けても原発は必要ないと、つくづく思う。

新米がうまい

平成23年産の新米が出揃いました。
どの生産者も非常にいい出来です。
311以来米の安全が皆さんの心配事の様ですが、当店の米はすべて放射能が不検出。
まずは安心しました。
それでも放射能をかぶった土で栽培された米は嫌だとおっしゃるお客さんもいます。
噂では関東以西の米の相場が値上がっているとか、
これって… 何だか原発事故や政治腐敗の原因と同じ匂いがする。

首都圏で東京電力の電気を使って生活してきた人は原発事故のリスクを背負ってきた福島や首都圏意外の地方の農作物を食べる義務があるような気がする。

それに付けても、今年の米は良い出来だ!

アップルキウイ登場

22年に非常に好評だった。「アップルキウイ」の収穫ができました。
とは、生産者からの電話。
「待ってました!!」時は来たり。

非常に美味しいので皆さんに好評で絶えず売り切れ状態でした。
「アップルキウイ」黄色い果肉はキウイのすっぱさを少し控えた、香りたつ芳醇の誘惑。
病みつきになります。

是非お試しあれ!
木曜日のお昼頃には店頭に並ぶ見込みです。

浜りんご終了

浜りんごが今季終了になります。
手持ち5袋くらいですかね。現在。
明日にはなくなります。

実はこの後の品種も栽培されているのですが、台風16号の影響で
青いまま落果。実が枝からもぎ取られてしまいました。
天候8割。農業の宿命です。
受け入れていきたいとおもいます。

続いて、静岡産の早生みかんが入荷しています。
今年も安定した美味しさ。
季節は移っていきます。

煉瓦積みロケットコンロ

ちょい使いのロケットストーブ

ロケットストーブのコンロ。
ステンレスの煙突で簡単に炉心部分が作れるのはいいのだが、
ロケットストーブの燃焼効率が良すぎるため熱で穴が開いてしまう。
ところが煉瓦を一斗缶とオイル缶に上手に収めるのはかなり難しい

試しにオーソドックスなロケットストーブで作ってみた。
相変わらず抜群の燃焼効率。
火力が強すぎて新米の試食の飯盒炊きがことごとく「お焦げ」。
やっぱりオーブンモジュールを使った炊飯のほうが安心して炊ける。

今回試しに作ったのも決して悪くないのだけど、
以前とくらべて煤の量が多いので御上からクレームがはいっていることもあり、
オーブンモジュールの乗るJ型のストーブ炉心を煉瓦で本格的に作ることにする。