煉瓦積みロケットコンロ

ちょい使いのロケットストーブ

ロケットストーブのコンロ。
ステンレスの煙突で簡単に炉心部分が作れるのはいいのだが、
ロケットストーブの燃焼効率が良すぎるため熱で穴が開いてしまう。
ところが煉瓦を一斗缶とオイル缶に上手に収めるのはかなり難しい

試しにオーソドックスなロケットストーブで作ってみた。
相変わらず抜群の燃焼効率。
火力が強すぎて新米の試食の飯盒炊きがことごとく「お焦げ」。
やっぱりオーブンモジュールを使った炊飯のほうが安心して炊ける。

今回試しに作ったのも決して悪くないのだけど、
以前とくらべて煤の量が多いので御上からクレームがはいっていることもあり、
オーブンモジュールの乗るJ型のストーブ炉心を煉瓦で本格的に作ることにする。