最近、泉区の田んぼの棚田作りに関わっている。

急ごしらえの棚田は畦が完璧な土木工事ではない。
雨が降ると自然に侵食が進み決壊して棚田でなくなってしまう。
水稲は水がないとちゃんと実らないしもし実ってもまともな米は期待できない。
順繰り草の根の付いた土を動かしながら補修。

田植えの済んだ田んぼは大掛かりな土木工事はできません。
収穫まで対処療法で補修しながらやることにする。

それにしても先人は凄いとつくづく思う。