新しい日よけ。

店舗のガラス面は南東向き

冬は日差しが入り結構暖かい。

米は種子なのでヒカリに遭うと反応して芽をふこうとする。

なので店内は晴れの日ほど薄暗い。

なんか不気味で入りにくいと言われそうですが、

これもひとえに「美味しいお米」を維持するための工夫。

日よけが日に焼けてしまうので気が向くと書き直す。

お米のファンに違いない。

私もお客様も。

そんなわけで、そのまんまの字です。

因みに当店の契約生産者はファンというよりフリークかオタッキー。

半端ないので、浅治郎は時々ついていけません。

結果的に味も安全性も半端ない米が出来ます。