煉瓦で作った一斗缶ロケットストーブを改良する。

前作は煉瓦のはんぺんで組んだが、あまり効率がよろしくなくイマイチの感が拭えなかった。

今度は煉瓦をJIS規格のに置き換え耐火セメントも使わずに組み上げるだけにする。

移動で組んだ煉瓦がズレても、また置き直せばいいし分が厚いのであまりズレない。一度温まると燃焼が安定する。

今回は燠火に潤沢に酸素が行くように網を着けその上で燃焼させることにした。これで燠火が酸欠で消し炭にならずにすべて灰になる。

火力と使い勝手がかなり向上した。