泉区のりんご冬仕事

果樹の仕事のなかで冬の仕事の質が翌年の出来を左右してしまうんです。

堆肥を根元においています。

有機堆肥を長年積んで行きます。トラクターでかき回したりしてはいけません。
せっかくできた土壌の微生物層を破壊してしまいます。

だから、上に置くだけ。あとは微生物と生態系にいる虫たちが養分と彼らの住処に変えます。

堆肥置き

発芽玄米の作り方

お世話にになっているいる整体師の先生のページ

若美さん
発芽玄米の作り方の情報を当社のサイトに置けないで申し訳ありません。

何年か前、公開していた時期にしつこい問合せがあり、嫌気がさし掲載と止めました。
その人に言わせると、「あれは発芽していない」のだそうです。
あ〜そうですか?それで…
発芽玄米だけで健康になろうなんて、かなり虫の良い話じゃないですか?
「発芽玄米を食べれば『なになに』が良くなる」なんて口上を信じて、
1kg1000円近くする市販品を買うのは、なんか馬鹿げています。

「毎日食べてなんぼ」なので気軽に食べれて長く続けなければ意味がありませんから。

それに今の食品に関する法律では加工品の原材料表示に原材料(玄米)の品質まで表示する義務はないんですよ。美味しいもマズイも関係ないんですからね、「発芽玄米」って薬なので効果があれば良いんです。彼らの言い分では。

重要なのは「日本人がいままでなにを食べて生き延びてきたか」なんです。日本人がいままで食べてきた食事をすれば自ずと寿命を全うできるんじゃないかと思います。

発芽玄米は玄米を食べる一つ方法で、品種改良で表皮が固くなってしまった現在の粳米玄米を美味しく食べ安くする方法の一つではないか。そう思うんですけど…

太陽暦3月1日満月

太陽暦の3月1日は満月。

西暦2010年元旦は「満月の寅」でしたが、当分西暦の1日は満月になるようです。
春、雨が近いので睦月望の満月は曇に隠れて見ることができませんが、昨日の夜空にまん丸の月が上がってきてました。

あと5日で啓蟄ですが、最近、やっぱり温暖化しているんです。虫が活動を初めています。

そういえば先月の気温18度を記録した日に「ナナホシテントウ」を2匹見ました。
以前の畑には一匹もいなかったのですが、越冬するために何処か避寒していたのかもしれません。

温暖化とはいえ啓蟄前に飛び出すのは少しはやかったかもしれません。
あのナナホシテントウどうしたかな?
元気で今年もアブラムシをたくさん食べてくれると良いんですが…