生産者訪問。
ほ場を拝見させていただきました。

今年は7月から低温で生育状況としては非常に厳しい稲作です。
会津もやはり東北ですし熱塩加納は標高もそれなりに高い、おまけに雪解けの水が森から湧き出て田んぼに注ぐ。低温の夏は稲にとって厳しいものになります。

反面、厳しい状況で生育した稲は味のいい場合が多いのも事実。味と収量との兼ね合いです。

菅井さんのほ場は有名産地、魚沼にも負けない気候条件の田んぼです。
今年はどんな美味しいお米が食べられるか楽しみです。